2010年02月06日

電気自動車12

今までの文章はこちらから 最後に乗る電気自動車は、RAV4EV。初めての日本車だ。この車は日本でも何台かデモンストレーション的に走っており、官公庁などが試験的に導入しているという話を聞いていた。レンタカーとしては神戸で乗ることができた時期があったらしい(これは後で知った)が、アメリカではここカリフォルニアでレンタカー体験ができる。もちろん左ハンドル仕様だ。RAV4EVも他のアメリカ製同様、今後のアメリカ情勢をにらんだ戦略車と言ってよいだろう。当初の計画がそのまま進ん..
posted by nakakuki_kyousei at 22:11

2009年12月18日

電気自動車11

今までの文章はこちらから さて、充電も終わったので再び車を走らせる。 ちょうど夕方の通勤時間に入り、乗ったフリーウェイも混雑していた。 だらだらと低速走行をする場面だと、電気自動車であるこの車から出る騒音はほとんどなくなる。強いて言えばタイヤのロードノイズくらいであろう。周囲の車のエンジン音が容赦なく入ってくる。 渋滞が解消し、周りの車が一斉に加速を始めると、フォードレンジャーEVはじりじりと置いて行かれる感じがあった。モーター出力が低めで、バッテリーを長持ち..
posted by nakakuki_kyousei at 23:31

2009年12月07日

電気自動車10

今までの文章はこちらから 0845.jpg サンタモニカの駐車場で。撮影のため車を転回して、砂浜と海をバックに入れた。フォードレンジャーEVのメタリックブルーが陽光に映えて、個人的にお気に入りの1枚。EV1は独特なスタイルでスポーティーだったが、どのEVが一番アメリカらしいかと聞かれれば、このフォードレンジャーEVではないかと思う。 4時間ほど海岸とサンタモニカのショップ街を散策してから駐車場に戻る。バッテリー残量がゼロに近い状態からのスタートだったので、まだ満充電にはなっ..
posted by nakakuki_kyousei at 23:40

2009年11月30日

電気自動車9

今までの文章はこちらから フォードレンジャーEVは満充電の航続距離が長いので、次の充電スポットの選択肢も広く取ることができた。その中で選んだのはサンタモニカ。有名な観光地、ビーチがある所だ。ここにある公営駐車場内に、充電ステーションがあるようだ。 途中少し渋滞もあったが、フリーウェイを走りサンタモニカの海岸線が見渡せる駐車場に入るまでに、バッテリーは半分強しか使わなかった。それならばもっと寄り道しても大丈夫だったと思ったが、バッテリー残量が多ければそれだけ充電時間..
posted by nakakuki_kyousei at 23:39

2009年10月26日

電気自動車8

今までの文章はこちら 2台目に借りた車は、フォードレンジャーEVだった。 ピックアップトラックで後部座席が無いので定員は3人。最初のEVとしてトラックを出してくるところはアメリカの会社らしいと言えようか。 ガソリン車のフォードレンジャーと外見はほとんど変わらない。後部のEVモデルを示す小さなエンブレムと、排気ダクトが無いこと、フロントグリルの一部が充電プラグの差込口になっていること位が目立つ違いだろうか。 この車は、昨日のEV1と比べて2倍以上の走行可能距離を..
posted by nakakuki_kyousei at 23:05

2009年09月25日

電気自動車7

前回はこちら さて、レンタカー会社の駐車場に戻り、再度急速充電器で満タンの状態にしたEV1であった。仕切り直しと行きたいところだったが、運転する私自身の気持ちは、バッテリーのあまりに急な減り具合を見て、かなり萎えてしまっていた。  確かに類稀な性能を持っている車だが、こうも「電気食い」では、時間を持て余してしまう。車を借りた期間は1日で、すでに6時間ほど経過しているのだが、残り時間をフルに運転して過ごそうとすれば、たちまちバッテリーはなくなってしまう。2時間ほど走..
posted by nakakuki_kyousei at 23:50

2009年09月15日

電気自動車6

前回はこちら 一回のフル加速で一目盛り減った燃料計(バッテリー)のゲージ。それを見た時、ハンドルを握りながら言い知れぬ恐怖感に襲われた。 この調子で加速を繰り返していたら、たちまちバッテリーは切れてしまうだろう。急加速を控えたとしても、このまま2時間走り続けられるかどうかも怪しい。  そして、ガソリンスタンドへ入っても、この車には何の意味もない。電気自動車の充電器が設置されている場所は、ガソリンスタンドではないからだ。その多くは、駐車場やパークアンドライドの駅、カー..
posted by nakakuki_kyousei at 23:57

2009年09月10日

電気自動車5

前回はこちら 私がまず借りたEV1は、前評判に違わぬすばらしい動力性能を見せてくれた。 特に静粛のうちにぐいぐいと緩みなく行われる加速は、病み付きになってしまいそうだった。 世界に名だたるスポーツカーの中には、この車より加速に勝るものはある。しかしそれらの車が全開で加速する時、エンジンは雄たけびを上げ車内はその音に包まれる。しかしこの車にはそれがない。耳を澄ませば回転のあがるモーター音が聞き取れるが、すぐにロードノイズにかき消されるレベルでしかない。 この感覚は、..
posted by nakakuki_kyousei at 23:59

2009年08月04日

電気自動車4

前回はこちら 長かった説明の後、いよいよ電気自動車の1日が始まった。 まず最初に借りたのはGMのEV1。借りた順番に特に理由はなく、予定していた日に空いている車を聞いたら、第1日目に借りることができたのがEV1だったということだ。 この車が他社のものと違うのは、2人乗りのスポーツカータイプだということ。2人乗りという時点で、この車を導入しようとする人はかなり限定されてしまうと思うのだが、乗員のためのスペースが減らせる分、バッテリーなどを多く積むことができると考えたの..
posted by nakakuki_kyousei at 23:07

2008年11月27日

電気自動車3

かなり前回との間が開いてしまいましたが・・・ 過去の文章 EVレンタル まずは事務所でレンタルの手続きをする。普通のガソリン車のレンタルならばさほど時間もかけず、キーと書類を渡されて出発できるのだが、借りる車が電気自動車なのでいろいろと注意事項があった。何より心配なのは、ガソリン車に比べて航続距離が短いということ。そして、バッテリーが切れても普通のガソリンスタンドでは何もできないということである。営業所ではロスアンゼルス市中にある充電ステーションの場所を示した地図を..
posted by nakakuki_kyousei at 22:58

2008年10月02日

電気自動車2

カリフォルニア州での電気自動車の盛り上がりに合わせて、電気自動車を専門にしたレンタカー会社ができた。ロスアンゼルスに営業所を出し、その後拡大していく計画だという話を聞いたのは99年初頭のことだった。 その会社は、その名もEV RENTAL。電気自動車のレンタカー、リース、レンタカー上がりの車の販売もしていた。私が訪れたのは99年春のこと。ロスアンゼルス空港の近く、バジェットレンタカーの敷地に間借りするように店舗はあった。 当時は開店して間もなく、電気自動車があまり認知され..
posted by nakakuki_kyousei at 23:58

2008年09月27日

電気自動車

今年の夏、誰が電気自動車を殺したか? というタイトルのDVDが日本で発売された。原作はアメリカで、告発系のドキュメンタリーである。 21世紀を目前にした10年ほど前、日本ではハイブリッド車のプリウスやインサイトが話題になっていたが、アメリカのカリフォルニア州では、電気自動車(EV)が脚光を浴びていた。この時のEVの流行は、政治的な要素が多分にあったようだ。そのため、同じく政治的な事情により、後に電気自動車は衰退していった(させられた)という事情があり、そうした事情を紐解..
posted by nakakuki_kyousei at 23:46