2010年04月28日

ツイードファンデーションは教育の場 補

昨年ツイードファンデーションの庭で遭遇したクーパーズホークの子育て。2匹のひな鳥が地上に降り立ち跳ね回るまで育ったところで第101回ツイードスタディーコースは終了。私はツーソンを離れました。 スタディーコースの秘書事務をしているナンシーさんの話によれば、その後ひな鳥の一匹が何者かに襲われ、彼女が朝出勤したときには無残な姿となっていたそうです。付近に棲む野生ネコの類の仕業ではないかとの話です。 ただ、遭難したのは一匹だったようなので、もう一匹のひな鳥は無事成長したものと願う..
posted by nakakuki_kyousei at 23:34

2009年09月28日

ツイードファンデーションは教育の場6終

ツイードファンデーションの庭に営巣したクーパーズホーク。ツイードファンデーションの庭と駐車場を使い、ひな鳥は縦横に駆け回るようになります。やがて駆け回るだけではなく、ジャンプもするようになり、巣立ちへ向けて日々成長の様子が見られるようになりました。 数日前から、ひな鳥は2匹いるのではないかという人が現れました。巣は高い樹上にあり、中を覗き確かめることはできませんでした。母鳥も怖いですし。今まで目撃してきたひな鳥は、すべてが同じ個体ではなかったのかもしれないのですが、写真..
posted by nakakuki_kyousei at 23:10

2009年08月27日

ツイードファンデーションは教育の場5

ツイードファンデーションの庭に営巣したクーパーズホーク。多くの車の出入りがある中、仮囲いの中で巣立ちに向けたトレーニングをするようになります。しかし羽のある鳥であり、すぐに車で作った壁を飛び越えたり、潜り抜けたりするようになりました。 翌朝、インストラクター先発隊としてファンデーションに入るなり、庭木の上からひな鳥の出迎えを受けました。 高さは1m以上ある木ですが、自分で飛び上がったようです。 この写真が、ひな鳥に一番近づいて撮ることのできた写真になりました。撮影は..
posted by nakakuki_kyousei at 23:38

2009年08月12日

ツイードファンデーションは教育の場4

ツイードファンデーションの庭に営巣したクーパーズホーク。母鳥の目論見通り、成長に伴いひな鳥は庭を遊び場のように使うようになります。巣の外にいるひな鳥を毎日のように見るようになるのはこの頃からでした。 受講生より早い時間にファンデーション入りするインストラクターがまずやることは、庭にひな鳥がいる事を確認し、その周りを車で囲うことです。一時間もしないうちに、多くの受講生の車が出入りするようになるため、不慮の事故を防ぐための対策です。同時に、受講生をひな鳥から遠ざけ、気が立っ..
posted by nakakuki_kyousei at 23:11

2009年07月27日

ツイードファンデーションは教育の場3

ツイードファンデーションの庭に営巣したクーパーズホーク。親鳥の餌付けを受けてすくすくと成長します。いずれは巣立ちの時を迎えるのでしょうが、その過程は一筋縄ではいかないようなのです。 現にある日を境に、ひな鳥が巣から繰り返し落ちるようになりました。 インストラクターは、毎日受講生よりも早い時間にファンデーションに入るのですが、この早朝の時間に、巣から落ちたひな鳥が巣のある木の下で飛び跳ねていたりします。郭公などですと、巣から落ちたり落とされたひな鳥は生命の危険にさらされ..
posted by nakakuki_kyousei at 22:52

2009年07月10日

ツイードファンデーションは教育の場2

前回はこちら クーパーズホークの巣は、ツイードファンデーションの敷地内にありました。一番高い樹の、上の方の枝の間を選んで作られていました。 5927.jpg 視線を感じます 5927a.jpg ひな鳥がいました。羽毛がぼさぼさに見えるのは産毛だからでしょう。 中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:13

2009年07月04日

ツイードファンデーションは教育の場1

アメリカ滞在中、ツイードスタディーコースが行われていた場所に鷹が営巣していると以前書きました。 4723.jpg この鷹は、クーパーズホークという種類で、ツーソンではしばしば見かける種類だそうです。普通は郊外の、自然の中に巣を作り、子供を産み育てるのですが、市内でも樹木の多いツイードファンデーションの敷地に巣を作っていたというわけです。 繁殖期にあたるこの時期、巣を作る場所はただ安全なだけでなく、子供を育て、教育するための「フィールド」がなければならないようです。 後述しますが、..
posted by nakakuki_kyousei at 23:49