中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2008年11月15日

矯正を学ぶ場所

同じ大学内でも、それぞれが自分の信じた道を進むがゆえに、お互いがどのような考えでどのようなことをしているのかわからなくなることがよくある。理論や技術が細分化、深度化されればなおのことだ。

では、そうしたそれぞれの矯正のやり方が、皆同じレベルの治療結果を出せるのならば、それでいいのだ。しかし実際はそうはなっていない。それは治療技術が未熟かどうかの問題だけではない。最初から治療の目標が違っているからだ。

同じような形の矯正装置をつけて治療していても、矯正医が学び、思い描く治療結果が違えば、実際の治療結果に差が出るのは当たり前だ。Aという矯正の治療方法は、Bという方法の6割くらいの治療結果を目標としている、ということが起きてくる。いや実際は、それぞれの治療方法の間に共通の尺度が存在しないのだから、こうした比較すらもできない。矯正医はそれぞれの治療方法の中に身を置いて、百パーセントの治療結果を目指し、それを患者に説明する。同じ自分の子供の歯並びでも、見せた医院により治療方針が違うことはよくある。それぞれの矯正医が、それぞれ信じ学んだ技法の中で、このやり方がベストだと患者に話すからだ。それは誰が真実を話し、誰かが嘘を言っているということではない。それぞれの矯正技法の「世界」において、ほとんどが真実である。
誰が嘘を言っているのか、それを見抜こうという気持ちで医院を回り選別を試みたとしよう。何軒かはそれで省けても恐らくその作業は徒労に終わり、治療費の高低、治療期間の長短など別の尺度を持ち出さざるを得なくなる。














中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

矯正を学ぶ場所

歯科医師が矯正を学ぶ所としてまず思いつくのは、大学歯学部にある矯正学教室だろう。全国にある大学歯学部のほとんどに矯正科があり、矯正治療を行っているので、そこで患者を診ながら学習していくのだ。教育内容や指針を国や自治体が定めているわけではないので、どのように教えていくかは各大学、教授や指導医師によって違う。
さらに同じ大学医局の中でも、指導医各個人が学んできた技法が違うから、当然その下について学ぶ若い人達の学ぶものも違ってくる。そんなに違うのかと思うかもしれないが、違いは矯正装置の大きさやメーカーだけではない。患者をどこをどのように治すかという、いわゆる治療方針まで違ってくる。この違いは細かな装置の違いよりもむしろ重大である。同じ患者を診ても、あの先生とこの先生で治療の方針が変わるのだ。同じ大学矯正科にかかっても、担当になった先生によって違うことがある。
こういうことがおきるのは、歯科医師各個人が自らの考えで患者を診て、治療方針を立て、実行することが免許されているのだから当たり前といえば当たり前かもしれない。だからこそ、より高度な、専門的な知識や技術を学ぼうと、それぞれが研鑽に励むのである。それは悪いことではない。




























中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

今日のスマイル

1115.JPG



晴れ矯正装置を外しました。おめでとうございます。晴れ


末長く自分の歯をつかってあげるためにはまず、自分の歯が本来の場所にしっかりと植わり並ぶことが必要だと思います。
80歳のときに自分の歯を20本以上残すためにも、さらにその残った歯がしっかりとしたものであるためにも、今できる努力、歯並びを立て直したことは、大きな第一歩になったと思います。














中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

今日のスマイル

1111.JPG

晴れ矯正装置を外しました。おめでとうございます。晴れ


口もとの印象で、その人の表情は大きく変わるものですよね。
口呼吸を止めて鼻呼吸にすると、風邪予防にも役立ちますよ。
これからもこの歯並びをしっかり維持していきましょうぴかぴか(新しい)

















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

第12回プレツーソンコース終了

3日間行われた第12回プレツーソンコースが終了しました。
受講した歯科医師の先生方は、ハードな講習内容ながらも最後まで熱心に講義と実習を受けていました。
この経験を今後の診療に役立ててもらえればと思います。
そしてアメリカの歯列矯正講習会 ツイードコースに参加してさらに研鑽を積んでいただければと思います。















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

第12回プレツーソンコース 懇親パーティー

月曜日から開かれている第12回プレツーソンコースは今日が中日、2日目です。今日は受講生とインストラクターの懇親パーティーが、お茶の水山の上ホテルのレストランで開かれました。

このパーティーではいつも、受講される先生方の学ぶ意欲に驚かされるのですが、今年は特に熱意ある方が多い印象を受けました。
昨年も副院長がインストラクターで参加した、アメリカの矯正講習会にも、多くの方が関心を持たれていました。














中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

Dr. Herbert Klontz講演会開催

先日来日されたDr. Herbert Klontzを招いて、歯列矯正の講演会が開かれました。
主催者を代表して、日本TWEED研究会会長である当院院長の挨拶で講演は始まりました。
参加者は日本TWEED研究会会員や、11の大学歯学部矯正科の先生方など90名でした。

明日から3日間は、歯列矯正講習会 プレツーソンコースを、引き続きDr. Klontzを招いて行う予定です。










中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

プレツーソンコースとDr. Herbert Klontz

プレツーソンコースは、毎年東京にて、3日間の日程で開かれます。
講師には、アメリカTweed Study CourseのDirectorである、Dr. Herbert Klontzを、初回から毎回招待して指導をいただいています。
彼はTweed Study CourseのDirectorやインストラクターとして長く指導に携わってきた経験から、アメリカに渡り矯正を学んだ日本人矯正医の良い点も弱点もよく知っています。そうした観点から、アメリカで学ぶ前に、矯正治療の主流であるスタンダード・エッジワイズ法の基礎的な部分を、時間をかけて教え学んでおくことが大切であるという結論で我々と一致しました。
以降12年間、毎年プレツーソンコースは、日米両国のインストラクターによって続けられてきました。























中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

プレツーソンコース

今年もプレツーソンコースの時期がやってきました。
プレツーソンコースとは、歯科医師の方を対象とした
歯列矯正を学ぶための講習会です。
今年で12回目の開催となります。
アメリカらの50年以上続く基金による矯正医の団体Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Researchが主宰するTweed Study Courseの開催地が、アリゾナ州ツーソンであることから、この名前がつけられました。
日本からTweed Study Courseに参加されてきた方々は、言葉の壁と、2週間にわたるハードな講習内容を前に、十分に内容を理解できず帰国してしまうことが多くありました。このため、Tweed Study Courseを受けるために渡米する前に、その基本となるテクニックと理論をしっかり学んでから行ってほしいという願いから、このコースは設立されました。
当院院長・副院長をを始め、日本TWEED研究会会員有志がインストラクター(指導者)として活躍しています。









中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

イタリア矯正歯科学会参加のご報告

イタリア北部・Vareseで行われた第27回Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research Bianneal Meetingに当院院長および副院長が参加しました。世界各国の矯正専門医からなる会員の方々と有意義な時間をすごすことができました。

0162.jpg
0288.jpg

学会理事を勤めた院長 中久木正俊には、大会長Emilio Contini氏から記念品が贈呈されました。

0294.jpg



















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

イタリア矯正歯科学会参加にともなう診療時間変更のお知らせ

お知らせ



10月17日から21日にかけて、イタリア・Vareseで行われるTweed International Foundation for Orthodontic Research Bianneal Meeting参加のため(院長・副院長)、休診および診療時間の変更を予定しております。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
ご予約の際には、当院受付までお問い合わせください。

10月17日(金)〜10月22日(水)臨時休診予定 受付対応

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

講習会開催に伴う診療時間変更のお知らせ

お知らせ



来る11月3日から5日にかけて、プレツーソンコース(歯科医師を対象とした歯列矯正の講習会)が行われます。この講習会にインストラクターとして参加するため(院長・副院長)、休診および診療時間の変更を予定しております。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
ご予約の際には、当院受付までお問い合わせください。

11月2日(月)〜11月5日(水)臨時休診予定 受付対応

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

今日のスマイル

1098.JPG


晴れ矯正装置を外しました。おめでとうございます。晴れ


長く感じた治療期間、よく頑張りました。
気兼ねなく笑えることって、普段の生活も楽しくしてくれますよね。
これからは、仕事もプライベートも、新しい笑顔で張り切っていきましょうぴかぴか(新しい)

















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
ラベル:スマイル
posted by nakakuki_kyousei at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

検査 検診のきっかけ

詰め物が外れた、入れ歯の合いが悪い、といった理由で、以前それを作ってもらった歯医者に行くことがあるかと思います。問題のある部分の治療は行ったその日にすぐ終わるかもしれません。でも、せっかく行ったのですから、その機会に、他の歯の様子も診てもらってはどうでしょうか。ご無沙汰してしまうと歯医者に行くのはおっくうでしょうが、一度行ってしまえば、その次の通院は案外抵抗なく行けるかもしれません。または、予約を取る時点で、問題のある部分の治療と、口の中全体の検査を一緒に頼むのも良いかもしれません。
先手を打って悪いところを見つけておけば、治療も楽に、負担が少なく終わることでしょう。















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
posted by nakakuki_kyousei at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

今日のスマイル

1090.JPG

晴れ矯正装置を外しました。おめでとうございます。晴れ


矯正を始める前に気になっていた前歯の感じなど、すっかり良くなりました。
自分の歯並びを見てくれている人の一言って、すごくうれしいし、励みになりますよね。
そして就職先決定 おめでとうございます。ぴかぴか(新しい)
新しい生活を、新しい歯並びで。
















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
posted by nakakuki_kyousei at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

イタリア矯正学会参加にともなう診療時間変更のお知らせ

お知らせ



来る10月17日から21日にかけて、イタリア・Vareseで行われるTweed International Foundation for Orthodontic Research Bianneal Meeting参加のため(院長・副院長)、休診および診療時間の変更を予定しております。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
ご予約の際には、当院受付までお問い合わせください。

10月17日(金)〜10月22日(水)臨時休診予定 受付対応

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
posted by nakakuki_kyousei at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

通う歯科医院を変える 転院する

いろいろな事情で通う歯科医院を変えることがあるかもしれません。
最近多いのは、通っていた医院が閉院するためやむなく転院するケースです。かつて虫歯が爆発的に増加して社会問題になった時代に開業した人たちの多くが引退の時期を迎えています。
この場合、代わりに通う医院を紹介してもらえることが多いです。今痛い歯を治療中ということならば、早速紹介先の歯科医院へ行くでしょう。しかし、現在これといって歯に問題がない場合はどうするか。良いのは、時間のあるときに、予約を取って、初診や必要な検査を受ける、ことだと思います。
紹介先の先生は、あなたの話をしっかり聞き、必要な話をしたり検査をすることができる時間を選んで予約を取ることでしょう。そうしておけば、今後この患者さんに自分は何をするべきなのかしっかり把握することができますし、将来痛い歯が出てきても、あらかじめ診てもらっていれば的確な処置を受けられる確率は上がるでしょう。患者さん自身も、今後新しい先生とどう接していけばよいか、しっかり相手を見て判断することができます。







中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
ラベル:歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

復活した歯ぎしり

矯正治療をする前にしていた歯ぎしりが、矯正で歯を動かし始めるとやらなくなったという話は時々聞きます。確かに、歯軋りは上下の歯で食いしばれなければできないものですから、歯が動いて噛む場所が刻々と変化している状況では、歯ぎしりをしたくてもできないかもしれません。
では、矯正装置を外した後はどうでしょうか。人によりますが、歯ぎりしが「復活」するケースはあります。新しい噛み合わせで、歯ぎしりができるまでに噛めるようになったのだと、良い方に考えることもできるでしょうが、程度が過ぎるとやはり困りものです。リテーナーの形を調整して、マウスピースのように歯ぎりしをしにくくするようにすることもあります。


















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘
posted by nakakuki_kyousei at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

日本矯正歯科学会に行きました

今日まで幕張で開かれていた日本矯正歯科学会に行ってきました。
先ほど戻ったので、また日を改めて書きたいと思います。
今年はわが母校が学会の幹事をしたため、いろいろと忙しかったです。












中久木矯正歯科センター 新宿区四谷 目黒区自由が丘の歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

残された歯にかかる負担

歯には大きな力がかかる。噛むものが硬かったりすればなおさらだ。だが歯はそうした力を1本だけで受け止めるわけではない。歯列として、集団で受け止める。時には力を分散したりもする。ちょうどラグビーでいうスクラムを組んでいるようなものだ。だから歯並びが悪くてその部分のスクラムが乱れると、噛みにくく感じたりする。
一方で、歯が失われた場合はどうだろうか。失われた歯の隣にある歯は、今まで支えあっていた相棒がいなくなり、同じ食生活をしていても違った力の受け止め方をするようになる。さらにブリッジや、入れ歯の支えとなる歯は、天然の歯並びとは違った力を受け止めなければならなくなる。高齢になれば、残った歯だってあまり大きな負担には耐えられないかもしれない。だがそれが、残された者(歯)の使命なのかもしれない。

















中久木矯正歯科センター 新宿区四谷 目黒区自由が丘の歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする