中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2008年05月24日

海外で使ってみました

久しぶりにこの話題ですが、昨日デンバーの学会へ行った際に、スマイルシャッターのサイバーショットを持って行き、実際に写真をとりました。せっかくの機能なのでたくさん使おうと思っていましたが・・・

★風景写真と人物写真で設定を変えなければならない

このカメラにも全部オートで撮影できる機能があり、それを使う分にはカメラ任せで撮れるのですが、スマイルシャッターモードにしている場合、風景写真を撮ろうとするとシャッターが切れないので、画面にタッチして設定を変えなければならない。操作に慣れてはいるがこれに毎回10秒位時間がかかる。旅行へ行くと風景と人物、どちらも撮るので、いちいち切り替えるのは面倒かも

★他人に任せる時にはやっぱり失敗が不安

誰かにカメラを預けて自分を撮ってもらうとき怖いのが、操作に不慣れなことによる失敗です。結局私は、誰かにカメラを預けるときはスマイルシャッターモードを切って渡しました。このカメラを始めて見る人に、その場でスマイルシャッターについて一から説明をしていくのは時間がかかりすぎます。シャッターボタンを押せばシャッターが切れて写真が撮れるというのは世界共通の認識なので、シャッターボタンを押してもスイッチが入るだけでシャッターは切れないスマイルシャッターモードの操作は体感的に理解しにくい部分があると思います。

いっそのこと、カメラがしゃべって使い方を説明してくれたらいいのに。








中久木矯正歯科センター 新宿区四谷 目黒区自由が丘の歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スマイルシャッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック