中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2008年03月23日

歯肉のにきび

歯肉も他の皮膚と同じく、いろいろなできものができる。皮膚にできるきびと同じく、歯肉に膿が溜まり歯肉表面の皮膚を水風船のように膨らませることもある。ある程度膨らんでくるまでが痛いのも肌のにきびと似ている。そして風船の膨張が限界を超えると、それは破裂して消えてしまう。皮膚だとあばたとなって痕跡が残ることがあるが、歯肉ではほとんど起きないようだ。新陳代謝が旺盛だからだろうか。
だがこの膿の風船、同じところに何度も何度もできることがある。中には膨らむ暇も無く、湧き水のように膿が少しずつ出続けるようなこともある。こういう場合は、歯肉の内側の骨、あるいは更に骨に植わる歯が原因で膿が出ている可能性がある。中にはその歯の中の神経部分に原因があったりするから、一度歯医者に相談した方がいいだろう。








中久木矯正歯科センター 四谷 自由が丘の歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック