中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2008年02月16日

部分入れ歯の「頼り合い」

部分入れ歯は、人口の歯を戴き馬の鞍のように歯槽骨の上に跨がる部分と、隣の歯に金具を引っ掛けて支える部分を持っている。そのどちらもが、入れ歯を支え食べ物を噛む力に耐えるために働く。どちらも支えるために働くがゆえに、どちらか一方の状態が悪くなっても、多少なら気がつかないことがあるようだ。見た目的に変化が無くても、レントゲン写真を見て状態の悪さにびっくりするようなこともある。互いに支えあっているから、変化に気がつきにくいのかもしれない。他の歯の治療を受ける時でも良いので、部分入れ歯のチェックをしてもらいましょう。早期発見早期対処。





中久木矯正歯科センター 四谷 自由が丘の歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック