中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2012年04月25日

軟食の味方 ピンクスライム

ピンクスライムと呼ばれる、肉を加工成形したペースト状の食材が話題になっている。
ファストフードのメニューに多く使われ、含まれる添加物が問題になっているが、ここではそれらには触れない。
このピンクスライム、素材が既に軟らかいので、これから作られる料理は当然軟らかいものだ。ハンバーガーのパティなどのように。
これに脂肪分や添加物を混ぜることで、肉のうま味が口の中で溶け出すような感覚、いわゆるジューシーと言われる感覚を演出することができるらしい。
食感そして歯ごたえもある程度コントロールできるようだ。
自然の肉にある筋張った硬さ、歯ごたえは再現できないだろうが、もとより消費者は料理にそうした食感を求めることは無いから問題にならないだろう。
自然の肉を一所懸命叩いて筋を切ったり、塩コショウで味の出具合を加減するような作業をしなくても、ゼロから味や食感を作り上げていく。自然の食材の良さを活かす調理と対極にある世界だが、「軟らかい」と「美味しい」の区別が曖昧な人達には案外受け入れられるかもしれない。











中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正

posted by nakakuki_kyousei at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック