中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2012年03月31日

日本の話題

歯列矯正医を対象にした講習会、第107回ツイードスタディーコースが、アリゾナ州ツーソンで開講しています。

各国のインストラクターとの間で日本の話題が上がることがあります。
昨年来た時は、まだ震災と原発事故から日が浅かったので、お見舞いと日本の状況について尋ねられることがほとんどでした。
あの時から約一年、現在もそうした話題が出ることはありますが、今気にされているテーマは、
「日本は原発による発電をいつ再開するのか?」ということです。こちらのニュースで頻繁に話題になっていることもあります。
「日本は原発による発電を止めるか否か?」ではありません。
他国に増してエネルギー自給率の低い日本が、本当に脱原発するとは思われていないのです。
私はいつ再開?という質問に対して
「国民が(燃油代や電気料金値上げ等)我慢できる限度を超えた時。ペルシャ湾の通行に支障が起きれば再開は早まるだろう。」と答えました。

ちなみにアメリカは発電のエネルギーを何で賄っているか?
答えは石炭による火力発電です。国内で産出される石炭を使います。
それだけでは賄えないので、他国から石油等輸入しています。

石油を確保ためにイラクなど中東の国に様々に関わり、日本の事故で斯様なリスクが示されてもなお原発の発電と開発を続ける決断をしたアメリカ。
自国のエネルギー供給の根っこ部分は国内炭で賄っていて、その上での行動です。
エネルギーの自給が微々たる日本は、もっと必死に資源確保をしても良いのではないでしょうか。
これから実用化する代替エネルギーも良いですが、研究開発を待つばかりでなく、今直ぐ資源が必要なのですから、国内の石炭産出量を増やしても良いのではないかとすら思います。
輸入炭とのコスト差ゆえ、掘りつくしたわけではない炭鉱が閉鎖されています。
もちろん発電コストは上がりますが、輸入に頼ったままの現状のなし崩し的な値上げと、エネルギー自給率を少しでも高めようとした上での値上げ。比較する価値はあると思います。

















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正

posted by nakakuki_kyousei at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイードスタディーコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック