中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2012年02月03日

歯列矯正 原点回帰3

もちろん個々の歯列矯正医は、自分の善しと思う治療理念や技法を学び、それを信じて患者に施すのであり、その理念や技法を選択する自由がある。しかし正しい選択をするためには、比較の対象になる理念や技法を知らなければならない。正しい判断をするためには、歯列矯正の理念や技法の基礎となる部分を学ばなければならない。

この部分を疎かにしてしまうと、歯列矯正を学び始めた若い歯科医師などは、おもちゃのアヒルを母親と思い付き従う雛鳥のように、最初に触れて魅力を感じた方法論を妄信してしまったり、基礎部分が身につかないまま様々な理念や技法の間を流され移ろったりする。近年の日本では歯科医師の収入が落ちているため、自力で様々な技能を学ぶことが昔のようにできないケースも出ている。学習にもお金が必要だからだ。










中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正

posted by nakakuki_kyousei at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック