中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2010年11月18日

成人矯正 本当の意義5


成人矯正、特に中高年になってからの歯列矯正でポイントになってくるのは、痛みが取れればいい、とりあえず噛めればいいという消極的な動機から一歩踏み出した、自分の歯で長く噛み続けたいという願望であろう。消極的な動機しか持たない人は、気になる痛みが取れればすぐに去っていく。それを繰り返すうちに、歯はもろくなり、被せ物が差し歯になり、入れ歯になっていく。
そうなる前に手を打つことができないのか。今痛くなくても何かできることはないのかという気持ちが、大切になってくるだろう。そうでなければ、歯列矯正のような長期な治療を続けることは難しい。















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正



posted by nakakuki_kyousei at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック