中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2010年08月18日

成人矯正 本当の意義3

歯に関する当面の問題、痛みや腫れなど我慢出来ないもの、睡眠や生活に支障が出るものが解消されれば、歯医者に行く必要はないのか。
そういう聞き方をされて、なんの疑問もなくYesと答える人は、そう多くはないだろう。痛くなくても歯の病気になっている場合はある。腫れた歯茎がなくても、歯石を取ったりクリーニングをするためだけに歯医者に通う人はいる。
そうした日常のメンテナンスは、誰にとっても大切なことである。メンテナンスが自分自身で支障なくできるのならばそれで良いのだし、プロの助けが要るのならば、歯医者が役に立つだろう。これは自分の歯の問題点の把握についても言えることだ。自分で自身の歯の問題点を理解し、手遅れにならないうちに歯医者に行く判断ができれば、自己管理すれば良いこと。それができない、自信がないならば、定期的に歯医者に診てもらうことになる。

ここでポイントになる事柄がある。
歯の抱える問題やリスクは皆同じではないこと、である。
言い換えれば、他人の経験談は参考になる場合もあるが、ならない場合も多いことである。あの人が歯医者に行かなくても済んでいるのだから、似た状況ぽい私が行かなくてもいいとは限らない。歯の置かれた環境や条件は人それぞれ。それぞれの度合いに歯並びの良し悪しが関わってくるのだ。















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正



posted by nakakuki_kyousei at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック