中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2010年03月12日

うどん巡り

坂出を訪れて、することと言えば、やっぱり讃岐うどんめぐりです。
今回案内してもらった店のうどんはいずれもおいしく、あっという間に平らげてしまいました。店を巡り少量を少しずつ食べるのが良いようです。
高速が休日千円になると、本州から橋を渡り観光客が大挙して押し寄せるのだそうです。車がないと行き辛い店も結構あります。

1866.jpg
1862.jpg
最初の店は今回訪れた中で一番玄人っぽい所でした。農家の物置っぽい建物の間から、うどんをすする人影が見えます。
まず一つの小屋に入り、うどんをどんぶりに入れてもらいます。生麺なので自分でざるに入れて茹でます。時間は他の人がやっているのを見るのですが、さっと湯通しする程度のようです。その後自分でトッピングのように具を盛り付けて会計。この「調理場」は狭いので、次の人の邪魔にならないようすばやく外に出て食べます。

次の店は狸が大根をすっています。
1867.jpg

客もうどんが出来上がるまで大根をすりながら待ちます。
1868.jpg

そしてしょうゆを直接かけて食べます。
1870.jpg


最後の店で。店構えが質素な所が多く、純粋にうどんを楽しむ環境です。休日は人も車も行列ができるそうです。
1874.jpg



















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正

posted by nakakuki_kyousei at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 シズル感が伝わってきます。


 讃岐うどん、、、、、

 メジャーになって、実は、まだあまり年月が経っておりません。


 それまでは、したたかに、香川だけで食されていたローカルフードでした。


 この讃岐うどん、と見た目、食感、いずれにおいて、対極に位置するのが、「武蔵野うどん」です。


 荒々しい外観とは裏腹に、非常にデリケートなのど越しを楽しめます。


 今度、「武蔵野うどん」の名店を紹介しますね、、、、、
Posted by 「食」の評論家 at 2010年03月13日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック