中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2010年01月07日

親知らず子知らずな第二大臼歯のトラブル

第二大臼歯は別名12歳臼歯と呼ばれ、小学校高学年から中学にかけて、歯並びのさらに奥に出てきます。親知らずの別名は第三大臼歯です。第二大臼歯は、親知らずの一つ前に生え、並びも親知らずよりも一つ手前に並ぶ歯です。
第三大臼歯こと親知らずがうまく生えない、抜かなければならかなったという経験をする人は多いですが、最近は第二大臼歯さえも、一筋縄には生えてこない、生えてこれないケースが増えているような気がします。
最初に原因を書きますが、今までブログに書いてきた歯並びの症状の原因と同様、歯が生える場所の不足、歯の大きさと歯の並ぶ歯槽骨の長さのアンバランスが引き金となることが多々あります。

















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正



posted by nakakuki_kyousei at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック