中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2009年02月19日

歯の神経の危機5

歯の神経に限ったことではありませんが、神経によって脳が感じる「痛い」という情報は、基本的に体が受け取る危険信号です。しかし危険ではあるのですが、その危険度合いが増せば増すほど痛みが激しくなるのかというと、必ずしもそうではありません。もしそうならば話は単純で、この位まで痛くなったら歯医者に行こう。逆にそうなるまでは、忙しい画から我慢しようという考えもあるでしょう。
しかし痛みが少し和らいだり、痛み方に変化が起きると、「良くなったのかな」「治ってきたのかな」とつい思いたくなります。虫歯や歯周病など、歯の病気の多くは、放置して自然に治ることはありません。虫歯は悪いところをしっかり処置し、歯周病は原因になっている歯石を取らないと治りません。頭ではわかっていても、痛み方が変わったり、和らぐとつい油断してしまうのです。





















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック