中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ

日ごろ気になることを書き込んでいきます。医院からのお知らせ、歯列矯正に関することや、それ以外でも。

2009年02月07日

歯の神経の危機 それを自覚するためには

虫歯が歯の神経に達すると、その歯の神経を抜かなければならなくなる
そんな話を聞くことが歯科医院ではよくあります。
虫歯が神経に到達してしまうのは、神経がある歯の奥深い所にまで虫歯が広がってしまうからです。
一方、虫歯が大きくなるにつれて、痛みという自覚症状が出てきます。この痛みのおかげで、多くの人が歯医者に行く必要性を感じるわけですが、虫歯が大きくなり、神経に近づくことと、痛みの感じ方は関係があるのでしょうか。
確かに、虫歯が大きくなるにつれ、虫歯と神経との距離が近づくので、痛み方は大きく、高頻度になることが多いです。では、虫歯が大きく深くなればなるほど痛みは大きくなり、ついに虫歯が神経に到達したときには気絶するほどの痛みになる・・・ というほど痛みの感じ方は単純ではありません。

















中久木矯正歯科センター 新宿 四谷 自由が丘 歯列矯正
posted by nakakuki_kyousei at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック